TOP

※ 商品受付までに1〜3日かかります。ご了承下さい。



NEW     平成29年9月16日
(第4回)日本茶 AWARD 2017(出品数 405点)
   3年 連続受賞!
 【ファインプロダクト賞】受賞:翠の香
 


本に掲載されました
(お菓子の原料に全国の茶葉を使用:煎茶・ほうじ茶・抹茶・和紅茶)
茶葉の味を最大限に引き出したお菓子が掲載されています。 50レシピ】 
当店の煎茶:蒸し製玉緑茶(さえみどり)が使用         世界文化社(本間節子)
img_20171008-115204.jpgimg_20171007-175222.jpg
 ●煎茶クリームケーキ    ●煎茶ミルクジェラート    
     (P14・15)            (P22・23)                      
     img_20171008-113135.jpg     img_20171008-110550.jpg img_20171008-115346.jpg    
 


 
(第3回)日本茶 AWARD 2016(出品数 391点)
【プラチナ賞】受賞20点の中から最終審査(一般審査員597名の投票)がおこなわれました。
  全国1位 玉露(福岡) 全国2位 蒸し製玉緑茶(長崎:西海園)
  受賞茶:さえみどり
【日本茶準大賞 】受賞
img_20170120-172550.jpg   img_20170120-172837.jpg  img_20171007-170740.jpg

                     うまいお茶部門
 【農林水産省生産局長賞】受賞    【プラチナ賞】受賞   
img_20170120-173106.jpgimg_20170120-173134.jpg  img_20170120-173313.jpgimg_20160910-171323.jpg
                             



(第2回)日本茶 AWARD 2015(出品数 343点)
【ファインプロダクト賞】受賞:さえみどり

img_20160924-152926.jpg  img_20151117-095602.jpg



(第1回)日本茶 AWARD 2014(出品数 281点) 不参加
全国1位【日本茶大賞 】受賞:茶友(契約農家)東彼杵町
 



日本茶 AWARD とは
   急須を用いて消費者の立場となって審査され消費者に支持される魅力的なお茶を発掘し
    伝え継ぐ事を目的とした今までとは異なる新たな視点での茶文化の価値を創造する新時代
             の品評会です。
【さえみどり】とは、
  お茶の品種です。厳選された茶葉を使用し、遠赤外線火入機にて丹精込めて仕上げています。
鮮やかな緑色と口いっぱいに広がる甘味が特徴です。コクのある深い味わいをどうぞ!   
 


東彼杵町は長崎県内の約60%を占めるお茶の産地です
佐賀県嬉野市と県境に位置します

img_20150304-155024.jpg  img_20160924-152628.jpg  img_20150204-162321.jpg
【長崎県名産】そのぎ《ふくよかな味と香り》   img_20160413-101653.jpg
 そのぎ茶とは、『蒸し製玉緑茶:むしせいたまりょくちゃ』          

(別名:グリ茶)といわれます。丸っこい独自の形状(勾玉)をしていて、
 旨味をギュッと閉じ込めています。栽培技術により【ふくよかな味と香り】
 がかもし出され銘茶として多くの人々から高い評価を受けています。

 
img_20160413-100940.jpg ←会社の目の前の景色                   東彼杵町茶畑↑
                 大村湾千綿駅周辺↓     
     img_20151030-161351.jpg img_20150215-115828.jpg
 

当店は、契約農家が毎年丹精込めて作り上げた茶葉とお茶市場img_20150205-121225.jpg
 に出された生産農家の茶葉の中からより優れた茶葉を厳選し、          入札により茶葉を仕入れています。
お茶の特徴を理解し、ブレンドすることにより匠の技でオリジナル
の「おいしいお茶」を造り上げています。遠赤外線の火入れ機を
使い、茶葉の状態などに合わせて細かく丁寧に火入れの管理をし
ています。旨味が引き出され、お茶の色・香り・風味を損なうこ
となく、コクのある味になります。
                                               (2・3人分)

 
      平成29年 新茶初入札 4月22日(土)      ●おいしい水出し茶の作り方(ティーバッグ使用)  
   出始じめの頃は収穫の量が少なく値段が高くなります。   冷水ポット1Lに水とティーバッグを入れ
 日々に値段も落ち着きます。昔から5月上旬【八十八夜】    冷蔵庫に入れます。(10g〜15g お好みで)
 の頃に摘まれたお茶が、もっともおいしいと言われいます。   冷蔵庫で2〜3時間冷やします。
   八十八夜:立春から数えて88日目(5月2日頃)      ティーバッグを絞り取り出します。
     新茶= 一番茶(4月下旬〜5月)       ※1日で飲み切りましょう
         二番茶(6月下旬〜7月上旬)    
   三番茶(7月下旬〜8月上旬)      ●ちょっと贅沢な水出し茶の作り方(リーフ)
     【茶摘み歌】              急須に茶葉をいつもより少し多めに入れ、ほんの                                 notes 夏も近づく八十八夜  note         少しの水と氷を入れ、10分ほど置きます。最後       
        野にも山にも若葉が茂る          の1滴まで注ぎます。          
       あれに見えるは茶摘ぢやないか      
     note  あかねだすきに菅(すげ)の笠  notes
 

 本に掲載されました(世界文化社)  
         知ればもっとおいしい!食通の常識 厳選日本茶手帖    
          本当においしい お茶を求めて(P62)          
       ●日本茶 AWARD 2015 受賞茶を中心に、ほんとうにおいしいお茶のみを紹介。
       ●お茶ができるまで ●日本茶インストラクターによる、お茶
の淹れ方。 
       ●日本茶の歴史など紹介されています
 img_20160413-110132.jpg      img_20160413-110416.jpg  

茶子ちゃん

プロフィール画像
東彼杵町マスコットキャラクター
「レモンじゃなかよ。お茶の妖精ばい!」長崎県東彼杵町(ひがしそのぎちょう)の茶畑生まれ、特産品の「そのぎ茶」と町のPRを頑張ってます。頭の上は新茶の一芯二葉、顔兼体はお茶の実を表現しているよ。応援よろしくお願いします!
QRコード
携帯用QRコード